支払い方法が自由に選択出来るようになりました

皺になった状態でも大丈夫です

返却する際には、綺麗に畳まなくても良いみたいです。
届いた時には、梱包された状態で届きます。

しかし、一度着てしまうと、中々最初のように袋に入れる事は出来ない事が多いです。
ですが、最近の洋服のレンタルではお店に売られているような感じに畳まなくても箱に入れば良しとしています。
多くの利用者は、次の人の事を考えてある程度綺麗に畳んでから返却します。

中には、畳み方の説明書も付けて洋服と一緒に添付する所もあります。
デリケートな服も中には多いのでクリーニングのプロに任せた方が安心です。
洗濯方法だって、服によって違いがあるからです。
下手に素人が洗濯してしまった場合には、服が色褪せたり、色移りしてしまい使用出来ない事もあるので注意が必要です。

破かないようにサイズは確認しよう

通常であれば、自分の体に合った洋服を選ぶと思います。
しかし、中にはわざと小さいサイズを購入したりして、スタイルを良く見せたりする人もいます。
購入した洋服であれば、自己責任で終わりますが、レンタルした洋服になるとそうはいかないと思います。
その理由は、あくまで借りて着ているので自分の物ではないからです。
ファッション通販サイトは消費者のニーズに合わせて、購入して貰うだけではなくレンタルを主体とするサイトも増えてきています。

その為、今までのような感覚であると、洋服を傷つけてしまう恐れもあります。
レンタルする際には、サイズをよく確認をする事です。
自分に合うサイズがなければ、似ているデザインを探したりして傷つけないようにしましょう。